京の宿コラム > 京都の一軒家を貸し切りで町家に宿泊もできる魅力

京の宿日記

京都の一軒家を貸し切りで町家に宿泊もできる魅力

2020年07月17日

坪庭

京都の町家を一軒家貸し切りの形式で宿泊できる魅力についてお話させて頂きます。

京都では町家を一軒家貸切で宿泊できるサービスがありnao炬乃座(なおこのざ)でもその形式で営業させて頂いております。

ご宿泊の際にはホテル、ゲストハウスの他にもこういった一軒家貸切の町家も選択肢に入れて頂くのはいかがでしょうか?

 
 

京都の一軒家の町家に宿泊する魅力とは

麩屋町玄関
 
 

京都の一軒家の町家は比較的他の宿泊施設よりも気兼ねなくお過ごし頂けるとのお声をいただけます。

具体的には

  • ご宿泊時に他のお客様がいない
  • ご宿泊時にスタッフが滞在していない
  • ご宿泊に関して面倒な手続きが少ない

以上の3つのメリットが一軒家貸し切り町家のご宿泊にはございます。

 

ご宿泊時、他のお客様がいない

 

ご宿泊時にお客様がいないというのはストレスが少なくなりやすいです。

お子様連れの気兼ねも少なくなりますし、何よりご宿泊際には共有部分というものがございません。

お風呂なども全て一軒家の町家を貸し切ってのご宿泊なのでストレスフリーです。

またご宿泊のほとんどを占めるご就寝のお時間も一軒家なのでお隣に気にする必要もありませんし逆にお隣の騒音に悩まされることも比較的少なくなります。

安心安全の京都のご宿泊にはぜひnao炬乃座(なおこのざ)をご利用くださいませ。

 

ご宿泊時にスタッフが滞在していない

 

外出される際の

『いってらっしゃいませ』

帰ってきた際の

『おかえりなさいませ』

丁寧な接客には贅沢感がありますよね

ただちょっとした外出やおくつろぎな格好で何度も挨拶されるのもなかなか気を使います。

nao炬乃座(なおこのざ)ではチェックインの際にはお出迎えがございますが(コロナウイルスが心配な場合にはお申し付けください)チェックアウトや滞在中にスタッフがお邪魔することはございません。

まさに京都のご実家のように気軽にご入室以降は出入りが可能になります。

もちろん何かトラブルのある場合にはすぐに駆けつけますのでその点も合わせてご安心ください。

 

ご宿泊に関して面倒な手続きが少ない

 

京都へ着いて旅行疲れが蓄積された時にご宿泊時に手続きが多いと億劫になりますよね。

nao炬乃座(なおこのざ)では極限まで面倒な手続きを減らしております。

ご宿泊カードのご記入は必要ですが、事前にご精算頂くことで色々手続きを省く事が可能です。

お客様の京都旅行に合わせて柔軟に対応させて頂きますのでお気軽にご相談くださいませ。

チェックアウトもご退室のお時間に町家の鍵を閉めて頂きそのままお帰り頂けます。

貸切の贅沢感と手続きが少ない手軽さもnao炬乃座(なおこのざ)の魅力となります。

 
 

【京都】町家文化を知ろう

梅小路部屋
 
 

京都の一軒家の古民家のことを町家と言います。

その町家は商いと自宅の兼用で使われていたり、そのまま自宅として一軒家を使用されてきました。

そしてその形式は現在でも引き継がれており、nao炬乃座(なおこのざ)のように一軒家を宿泊施設として町家を貸し出していたり、町家をカフェやレストラン、本屋や雑貨屋として利用している方もいらっしゃいます。

京都の町家文化は昔から現在まで姿形を変えつつも現存している京都の文化なのです。

京都の一軒家の町家の特徴として

  • 築年数が非常に長い(100年以上)
  • 屋根(茅葺きや瓦)や壁の素材(土壁)が昔の製法に沿って使用されている
  • 広めの玄関と坪庭がある

以上のような特徴があります。

これらをクリアして京都に認可されると京町家認定をもらえます。

この京町家認定を受けた町家は正式に京都から京都の町家という証明になるのです。

長年の経年劣化によりリフォームを繰り返していつしか町家も少なくなっています。

nao炬乃座(なおこのざ)の町家も京都より京町家認定を受けている町家ですのでぜひ当時のリアルな一軒家の町家をご堪能ください。

もちろん一軒家を宿泊施設としておくつろぎ頂けるように最低限の改装も行っておりますのでご不便をおかけすることはないかと思います。

京都の一軒家の町家でのご宿泊はnao炬乃座(なおこのざ)をぜひご利用くださいませ。