京の宿コラム > 京町家と町屋の違いは?なぜ言葉が違うのか?

京の宿日記

京町家と町屋の違いは?なぜ言葉が違うのか?

2021年04月09日

京都タワー、京野菜、京都八つ橋など京都を代表するものはたくさんあってどれも大変人気がありますよね。

その中でも「京町家」は最近では認知度も高まり京町家カフェや京町家レストラン、京町家の本屋さんや京町家の雑貨屋さんなど京町家をコンセプトにしたお店がたくさん増えてきました。

nao炬乃座(なおこのざ)もそういった京町家をコンセプトにしたサービスの1つで、おばあちゃんの家に帰ってきたような安心感を得ることができます。

日本人の魂に刻まれた和のお家である京町家が人気が出るのも当然といえば当然なのかもしれませんね。

さてそういう人気のある京町家ですが、京都以外にも存在するのをご存知でしょうか?

もちろん呼び名は京町家とは違い、、一般的には町屋と呼ばれています。

この京町家と町屋は「家」と「屋」の違いはありますが、本来意味は違いはありません。

ややこしい言い回しで失礼いたしました。

今回はそんな京町家と町屋の言葉の違いについてお話を致します。

この違いが分かれば京町家と町屋の違いだけではなく意味も明確にご理解頂けると思います。

境目が曖昧だからこそしっかりと違いを説明させていただきます。

その違いを説明する前にまずは京町家と町屋についてからご説明いたします。

よろしくお願いいたします。

 
 

京町家

節税対策?「鰻の寝床」

京町家とは京都に存在する町家の事を指しております。

京町家は家とお店が一体化した建物です。

もちろん建物によって違いはありますが、基本的に一階がお店で二階はお家である事がメジャーではないでしょうか?

お店の種類は様々で時代劇の城下町をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

そのイメージとの違いはそこまで広くはなく玄関が細長く奥に続いていく造りになっています。

これを「鰻の寝床」と称しており京町家の造りに大きな違いはありません。/p>

間取り等はもちろん違いますが、細長い玄関や坪庭等々共通した造りが多いのです。

これは当時の背景や環境に適応する為に似たような造りとなっているのです。

まず玄関ですが、当時は玄関の広さで税の徴収額を決定していたそうです。(諸説あり)

すると必然的に玄関は狭くなり、お店と居間のスペース確保のため、後から部屋を大きくして鰻の寝床が完成します。

天然の扇風機「坪庭」

そうすると次は部屋が全体的に薄暗くなります。

京町家は両側の京町家とピッタリ隣り合う形で建設されているので両側には窓をつける事が出来ません。

なので坪庭というものを作りました。

坪庭を作る事でお日様の光を奥の座敷に取り入れると共に風の通り道も確保したのです。

細長い玄関から一直線に坪庭まで風の通り道となっていますので夏でも涼しい天然の扇風機になるわけですね。

ジメジメとした暑い京都にもこれで適応できるというわけです。

こういう当時の背景や環境に応じて今の京町家は形作られているわけです。

もちろん京町家は全部同じ場所に建っているわけではありません。

川沿いや山間、城下町やその他の地域でも微妙な違いがあります。

その微妙な差や小さな違いにより建て方や工夫した造りにも違いが出てくるのでそういう違いを見つけるのも京町家の楽しみ方かもしれません。

京都版のシーサー「鐘馗さん」

沖縄では守り神として有名なシーサーですが、京町家にも鐘馗さんという守り神が屋根の上にいらっしゃるのをご存知でしょうか?

鐘馗さん

写真では入り口の屋根の上にちょこんと立っていらっしゃるのがご覧頂けると思います。

基本的に鐘馗さんは屋根の上におり怪しい人物や悪い気を立ち寄らせないように見張ってくださっています。

沖縄のように派手な色や大きさはないものの密か佇み京都の安全を見張ってくれているその慎ましさが愛らしさと頼もしさを感じると評判なのです。

もし京都にお越しの際は京町家の屋根の上に注目してみてください。

鐘馗さんがしっかりと見守ってくださっていますから。

 
 

町屋

町屋についてもご説明させていただきますが、実は町屋も京町家も意味自体は同じで家とお店が一体化しているという意味では全く同じものとなります。

※ちなみに町家と町屋も同じです。

お家を意味する「町家」とお店を意味する「町屋」という事で見て頂ければ違いはないという事がお分かり頂けるでしょう。

町屋は日本でよく見られた造りで商いと生活を両方こなすために作られたものだったわけです。

つまりその生活スタイルが流行っていたという事になります。

今でも一階がお店屋さんで二階や奥が民家というのはありますよね?

それが古民家の状態が「町屋」となります。

町屋は生活とビジネスを両立させた当時の姿だったわけです。

こうなると疑問に思う事がありますよね?

「京町家と町屋の明確な違いはどこにあるのか?」ということです。

 
 

違いはどこにあるのか?

京町家と町屋の違いは「京」があるかないかです。

ここまで引っ張っておいて恐縮ですが、実は明確な違いはこれだけです。

一応説明だけしておくと京町家という言葉自体は昭和40年代の民家ブームの際に作られた造語です。

造語ではあるのですがそれを指す建物の定義が「1950年(昭和25年)以前に京都市内に建てられた町屋を含む木造家屋」なので言葉が後から作られたものの建物自体は昔から存在しているので京町家だけの特別な造り!!という明確な何かがあるわけではないのです。

格子(こうし)や箱階段(はこかいだん)等もどちらかと言えば日本の工法等に属しているので京町家の特徴か日本家屋の特徴かピッタリと線引きするのは難しいでしょう。

ただハッキリと言えるのは京都の町家だからこその京町家!という事になるわけですね。

ちなみに京町家というように今回は書かせて頂いてはおりますが、同じ町屋なので「京町屋」と呼んだり書いたりしても間違いはありません。

そして「1950年(昭和25年)以前に京都市内に建てられた町屋を含む木造家屋」である以上は築70年以上の木造家屋は全て京町家と定義する必要があるのです。

平屋でも看板の着いた建物でも通常の家屋であっても京町家です。

実は非常に京町家の幅は広いわけなんですね。

しかしただ築70年以上の京都市の家屋=京町家では納得できない方もいらっしゃると思います。

なので最後に京都市の行う京町家認定の条件についてもご紹介させていただきます。

認定京町家事業の要件については,以下のとおりです。

 

1.住宅宿泊事業が営まれる京町家が,次に掲げる形態及び意匠を有するものであること。

瓦ぶきの屋根

隣地に接する外壁又は高塀

次のいずれかに掲げる形態

通り庭(道に面した出入口から続く細長い形状の土間をいう。)

火袋(細長い形状の吹き抜け部分をいう。)

坪庭又は奥庭

次のいずれかに掲げる意匠

通り庇(道に沿って設けられた軒をいう。)

格子(伝統的な様式のものに限る。)

2.使用する京町家の特徴や由来,そこで受け継がれてきた生活文化について,対面で説明をするための方法及び当該説明の内容に関する具体的な計画を定めていること。

3.2の計画を実施することができる体制を整備していること。

 

以上となります。

これらの条件を無事に満たすことができ、築70年以上の京都市にある日本家屋であれば立派な京町家である事に間違いありません。

修繕やリフォーム等で形が変わっているとなかなか難しい条件ですが、一応nao炬乃座(なおこのざ)の町家は京町家認定を無事合格致しております。

京町家認定を知っているだけでも結構物知りな方に見られるので今後は京町家のお宿やお店に行かれた際にはぜひチェックしてみてくださいね。

ここまでご覧頂きありがとうございました。