京の宿日記 > 角屋おもてなし文化美術館 京都 梅小路エリア

京の宿日記

角屋おもてなし文化美術館 京都 梅小路エリア

2024年06月16日

角屋おもてなし文化美術館

nao炬乃座から徒歩8分ほどのところにある、「角屋おもてなしの文化美術館」。日本最古の花街だったと言われる島原エリアにあります。むかしの高級料亭みたいなところであり、夜は、著名人の宴会。昼間は、女性たちによる文芸サロン的な場所でもあったようです。
西郷隆盛さんが使われたタライなどありまして、これがあったために、戦時中に取り壊されなかったと言われる話も残されていました。新撰組は、見廻隊と言うことで、刀を持ち込んで呑んでいたりしましたが、よく暴れ回って、今も柱などに刀傷が残されているようです。
タイムスリップしたような空間!ぜひ機会があれば^_^
7月19日から9月14日
12月16日から3月14日
は、休館。
時間帯で案内されますので、用問い合わせを。TEL.075-351-0024
人数制限と案内時間
1階:1日6回(午前10時30分、11時30分、午後0時40分、1時30分、2時30分、3時30分)いずれも30分程度。各回20名様程度。
2階座敷特別公開:予約制で1日4回(午前10時15分、午後1時15分、2時15分、3時15分)いずれも所要時間30分。各回15名様。